So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

糖質制限食にぜひ [食べ物]

スーパーで、こんなモノを見つけた。
ncb1.jpg
“カリフラワー・ライス”。

日本でも、糖質制限の食事メニューを紹介する番組なんかで、時々目にしてた。
カリフラワーを細かく切って、白ごはんに見立てて食べる・・・とかってね。

どうなのかなぁ・・・って思ってたのだけれど、こんな風に、ちゃんとパッケージになって売られてるとはね。

まだ、食べる気にはナリマセン。
そのうち・・・ね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

最近のシンガポール [日常]

世界中が、終わりの見えない脅威にさらされている。
連日、コロナ関連のニュースで持ちきりなのは、もちろん、シンガポールも同様。

昨日の時点で、感染者数は77人。
シンガポール最大の新聞「Straits Times」のサイトには、特設ページが作られていて、毎日の感染者数が更新されていく。
sgc1.jpg
日々、人のイラストがどんどん増えていくのが、本当にコワイ。

ニュースが深刻化してきてからは、マスクはもちろん、消毒液も全く手に入らない。
街中のドラッグストアにも、張り紙だらけ。
sgc9.jpgsgc8.jpg
ダメ元で店員さんに聞いてみようと近づいても、尋ねる前から「無いわよ」と、完全に見透かされている。

ただ、2週間ほど前に大騒ぎしていた“トイレットペーパー問題”は、あっという間に解消。
今はドコへ行っても、トイレットペーパーが山積みになっている。

確かに、先々週末のスーパーの棚は、アチコチが空っぽになっていてオドロイタ。
日本でもニュースになっていたらしく、東京にいる親類からは、心配して「送ろうか?」と連絡がきたほど。
この「トイレットペーパーの買い占め問題」については、政府も“ミステリー(謎だ)”と発表している。
聞くところによると、「マスクを作るために、“資源としての紙”が不足する」→「トイレットペーパーが無くなる」というデマが流れたとかなんとか。

とは言え、街中は徐々にキビしくなってきている。
不特定多数の人が出入りするようなビルのエレベーターには、消毒液も置かれてるしね。
sgc7.jpg
持っていかれないよう、しっかりと固定済み。

検温して、連絡先とサインの記入も、至るトコロで行われている。
まぁ、用心するに越したことはナイけどね。

そして、“マスク”のこと。
日本のニュースを見ると、マスク姿の人がたくさん目につくけれど、ここシンガポールは比較的・・・というか、かなり少ない。
手に入らないというのも理由の1つだろうけれど、政府の指針が「健康な人はマスクをしないように」だからだと思う。

そんなマスクについて、政府は、1家庭につき5枚ずつ無料配布してくれている。
公民館のようなところへ身分証を持っていくともらえると聞いて、念のためもらいに行ってみた。
sgc5.jpg
“公民館”へ行ったのは、初めて。

こんなパッケージをもらえる。
sgc2.jpg
正しいマスクの着け方も。

そして、やっぱりココにも・・・
sgc3.jpg
「元気な人は使わないように」の注意書き。
確かに、必要な人が必要に応じて使うべきモノなのだろうな…、今はね。

とにもかくにも、一日も早い収束を願うばかりデス。

sgc4.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アカデミー賞 [日常]

アカデミー賞が発表された。

どちらかというと、ハリウッド映画は見ないワタシ。
そんなワケで、“アカデミー賞”というと、授賞式後のニュースで「あぁ、そうですか…」というくらいの反応しかしていなかったのだけれど、今年は違った。

『パラサイト』が気になってたからね。
オンタイムで速報を追って、その結果を逐一チェック。

何の前情報もなく、年末に乗った飛行機の中でたまたま観たのが『パラサイト』だった。
“パルムドール”を受賞した作品と書いてあったコトも、気になったしね。
日本語字幕が無くて諦めようとしたけれど、初中級レベルの韓国語と英語字幕でどうにかなるかと見始めたら、面白いのなんの・・・。
完全にハマった。

何より、主演のソン・ガンホさんは好きな俳優さんで、昔かなり話題になった『シュリ』や『JSA』の頃から気になる存在だった。
最近の主演作では『タクシー運転手』という映画を観たのだけれど、これも面白かったなぁ。
フツーのおじさん役がピッタリくる俳優さんで、今回の『パラサイト』でも、まさにフツーのおじさん。
だからこそ、映画のあの展開が、より面白く感じられるんだろうなぁってね。

近いうちにもう一度観たいデス、『パラサイト』。
皆さんも、ぜひ。

【追記】
余談ですが、機内上映で見たもう1本の映画『イエスタデイ』も、なかなか面白かったデス。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ナマステ~ [日常]

またまたインドのお話。
・・・と言っても、シンガポールで出会ったインドだけどね。

インドの民族衣装 “サリー” は、いつ見てもカラフルでステキ。
hm12.jpghm13.jpg

インドを旅した時、現地のサリー屋さんで着させてもらったコトがあるけれど、さすがに自分1人では着られそうもなくて、購入には至らなかった。
代わりに “パンジャビー” を手に入れて、寝間着にしたケドね。

それにしても、このマネキン、なんとも整ったお顔立ち。
hm14.jpg
「ナマステ~」って、聞こえてきそうデス。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

インド料理を求めて [食べ物]

インドの神様のコトを書いたら、やっぱり “インド料理” が食べたくなった。

シンガポールに来てから、インド料理はよく食べてる気がする。
リトル・インディアへ行けば、お店はヨリドリミドリだしね。
できるだけ足を運んでいないトコロへ行きたくて、ネットで情報を集めては、それなりのコメントがついてるお店に挑戦中。

今回オジャマしたのは、「Muthu's Curry」。
hm9.jpg

広い店内の中央に、いろいろな種類のカレーがズラリと並ぶ。
hm2.jpghm1.jpg
メニューもあるけれど、目で見て気になるモノを選べるのがウレシイ。
hm4.jpghm3.jpg
hm5.jpg

そして、ここにはチャパティやナンを焼く窯も。
hm6.jpg

“チキンティッカ” や “小エビのカレー” をいただいてみた。
hm7.jpghm11.jpg
ほかのお店に比べると、全体的に辛さが強めの印象。
でも、味はなかなか。

カレーと一緒にいただくのは、もちろん “ナン”。
hm8.jpg
このお店のナンは、小麦の味が濃いめ。
ふわふわモチモチというよりはチャパティに近い感じで、ちょっとワタシ好みではなかったかな。

そんなワケで、シンガポールの様々なインド料理屋さんを楽しませてもらっているけれど、とりあえず現時点でのベストは、やっぱり『Jaggi's』。
ほかに比べるとお値段も手頃だし、何より、ココの焼き立ての “ナン” はオイシイ。
hm10.jpg(Jaggi'sのモノ)
もう、何度オジャマしたコトか・・・。

インド料理の探求は、まだまだ尽きナイ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神様を乗せて [日常]

リトル・インディアにある駐車場には、こんな車が停まってる。
hg1.jpg
金色の車体の正面からは、神様の姿がチラリ。

横にまわって見てみると・・・
hg3.jpg
荷台には、神様が鎮座。

どの神様も、眩いほどの金色。
hg4.jpg

久しぶりに、インドへ行きたい気持ちがフツフツと沸いてきた。
最初に行ったのは、1997年。
よく、インドは好きか嫌いかハッキリ分かれるというけれど、ワタシはそこそこ好き・・・かな。
“好き”というよりも、とにかく“興味深い”という表現がピッタリな国だ。

最初に行った時、当然“インドの洗礼”とやらを受けて、旅の後半でお腹を壊した。
40度近い熱に2日間苦しんで、友人が持っていた抗生物質でどうにかこうにか切り抜けた。
その後、あれほど好きだったインドカレーのみならず、日本のカレーですらカラダもココロも受けつけなくなり、「もうインドは無理かな」と感じたコトを思い出す。

“カレー”については、このインド旅行の1年後に行ったネパールで克服できて、無事復活。
それからもインドには5度行っているので、やっぱり好きなのかもしれない。

トラックの荷台に乗った神様ではなく、本場のキラキラした神様に会いに行きたいデス。

hg2.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ケーキでしあわせ [食べ物]

かわいらしい一軒家が建ち並ぶ中に、さりげなく、そのカフェはある。
cfl8.jpg
「FLOR」は、ケーキの美味しいお店。
cfl10.jpgcfl9.jpg

ショーケースの中に並んでいるのは、どれも美味しそうなモノばかり。
cfl1.jpg
それぞれのケーキには日本語でも名前が書かれてたから、日本人にも人気のお店なのかも。
ドレもコレも美味しそうに見えて、選ぶまでに結構時間がかかってしまったのだけれど、今回はこの2つにしてみた。
cfl5.jpg
色んなフルーツが入ったミルクレープと、和栗のミルフィーユ。
甘さ控えめのクリームも美味しくて、他のケーキもぜひ食べてみたいところ。

明るい店内には絵やグリーンも飾ってあって、ゆっくりと本を読んだりするのにはピッタリの空間。
cfl2.jpg
cfl6.jpgcfl7.jpg

またオジャマするのは、確実デス。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どんなレストラン? [日常]

看板だけを見て、ミョーに気になるお店があったりする。
時々・・・ね。
中が覗ければイイのだけれど、閉店中だったりすると、なおさら「何の店?」って気になってしまう。

この日出会ったのも、そんなお店の1つ。
hko1.jpg
丸いサングラスにヒゲのおじさんのイラストが、なんとも独特。

店の正面に掲げられた看板にも、同じおじさんの顔。
hko2.jpg
そして、お店の名前「KITCHEN KUMARS」の文字。
調べてみると、インド料理を中心に、ピザ(なぜか…)なんかも出すレストランらしい。

果たして、このおじさんの名前が "クマーズさん" なのかどうかは分からないけれど、とりあえず、こんな顔をしたおじさんが料理を作っててほしいものデス。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キノコ様 [食べ物]

シンガポールで一番お世話になっている野菜。
それが、キノコ。
いや、“キノコ様”と呼びたくなるほど、ホントにお世話になってる。

カラダにもいいし、味もいい。
どんなお料理にも使える、万能な野菜だ。
おまけに、値段もお手頃なのがウレシイ。

ココでよく買ってるのは、コレ。
mrm1.jpg
“しめじ”と“まいたけ”。
それも、「キノコと言えば・・・」の超有名ブランド、“ホクト”の商品だ。

日本のホクトさんの技術を使って、マレーシアで作られている。
パッケージの裏には、そんなキノコたちの紹介文も・・・。
mrm4.jpgmrm3.jpg

これまで住んだ海外の国では、しめじもまいたけもずっと欲しいと思ってたのに、なかなか手に入れるコトができなかった。
海外生活では、栄養たっぷりのキノコのスープも、まいたけのバター炒めも諦めてたのだけれど、今は幸せイッパイだ。

そして、“えのき”に至っては、さまざまなメーカーのものが安価で売られているので、これまた日々の食卓には欠かせないモノ。
mrm2.jpg

キノコは最強・・・デス。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ラッキー・チキンライス [食べ物]

そろそろ旧正月の話は終わりにして、日常のコトに戻ろうっと…。

ココで暮らして2年近く経つのに、まだ足を運んでいない人気店があった。
crl4.jpg
『ラッキー・チキンライス』。

オーチャード通りにある “ラッキー・プラザ” は、安売り店が軒を連ねる老舗のショッピングセンター。
いつ行っても、観光客と地元の人たちでイッパイだ。

そんなラッキー・プラザの中にある『ラッキー・チキンライス』は、その名のとおり、“チキンライス”がおいしいと有名なお店。
ココで暮らし始めた時からずっと行きたいと思っていたのだけれど、「いつでも行ける」って思うとなかなか・・・ね。
近くに用があったコトもあって、ようやく足を運べた。

店頭には、蒸したタイプとローストしたタイプ、2種類のチキンがズラリ。
crl5.jpg

どっちにしようか悩み込んでいたワタシに、オバチャンが “ミックス”をすすめてくれた。
crl2.jpg
確かに・・・、ベストチョイスだ。

柔らかくてジューシーなチキンは、想像以上にオイシイ。
ゴマ油のきいたタレもしっかりとした味をしてるので、あの、甘いタレをつけなくても、十分おいしくいただける。

チキンスープで炊かれたゴハンと、おかわり自由のスープも美味。
crl1.jpg

オーチャードという場所柄もあるのか、このセットで7ドル(約560円)は少々お高い気もするけれど、この味なら納得・・・かな。
近所の小さいお店なんて、5ドルしないけれど、小さなチキンが5切れくらいだしね。

ようやくいただけた『ラッキー・チキンライス』。
なんだか縁起も良さそうだし、リピート確定デス。

crl3.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -