So-net無料ブログ作成
雑貨・モノ ブログトップ
前の10件 | -

インド生まれの食物繊維食品 [雑貨・モノ]

“イサゴール”という名の、この商品。
実は、以前にもココで紹介したことがある。

isagol1.JPG
コレね・・・。

ドバイで暮らしていた頃、パートナーさんがよく手にしていたモノで、“お腹スッキリ!”が売り。
ワタシはというと、口にしたことは一度もないけれど、このパッケージが結構気に入ってた。
なぜか、トレードマークが“シカ”だったけどね。

そんな“イサゴール”は、ここシンガポールでも手に入る。
売っていたのは、モチロン、インドの方ご用達のスーパーマーケット。

IS3.JPG
パッケージのデザインは、全く違ってた。

ちなみに、裏面は“ヒンディー語”バージョン。
IS2.jpg

ナゼだか工場のイラストが描かれているのだけれど、ロゴの感じといい、色使いといい、コレはコレでちょっとレトロっぽくて気に入ってる。

そして、トレードマークはコレ。
IS1.jpg

ナゼ、電話? 
それも、アンティークのヤツ?

もう一度言っておくけれど、コレ、"食物繊維食品"なのだ。
シカだの、電話だの、インドの方のセンスがワカリマセン・・・。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

牛乳パック [雑貨・モノ]

今さら・・・な話で、ゴメンナサイ。

世界中を熱狂させたW杯は、ここシンガポールでも、モチロン、盛り上がっていた。
出てないけどね。
街を歩けば、「みんなで一緒に観戦しよう、イェーイ!」みたいな看板を掲げるお店もあったり。

そして、そんな街を歩いていて見つけたのは、かわいい柄の牛乳パック。

WM1.jpg

“マトリョーシカ”と“聖ワシリイ大聖堂”のイラストが、なんともカワイイ。
ちなみに、“聖ワシリイ大聖堂”は、モスクワの赤の広場にあるヤツね。

W杯仕様のパッケージは、モチロン、期間限定。
サッカーは、すっごく観るわけではナイけれど、W杯のおかげでこんな出会い。
嬉しかったデス。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モロッコへ行きたぁい [雑貨・モノ]

雑貨好きならば、1度は行ってみたい国、モロッコ。
モロッカン・ミントティを飲むのにピッタリな、カラフルなグラスや、日本でも
人気の革製スリッパ“バブーシュ”など、気になる雑貨がイッパイ。
mcg6.JPGmzw29.JPG

イスラム男性の、ちょっとばかり執拗なお誘いさえなければ、女子旅にぜひ
オススメしたい国・・・かも。

日本よりもはるかにモロッコに近いドバイでは、色んなモロッコ雑貨に出会う
コトができる。
これまでにも度々ご紹介してきたけれど、ここ最近の一番のお気に入りは、
鮮やかなブルーと、細やかなパターンがステキな陶器シリーズ。
mmcc1.JPG
地方にある陶器で有名な町(名前は忘れてしまいマシタ)で作られていると
いうモノで、最近はあまり出回っていないとかなんとか・・・・。
そう聞くと、やっぱり欲しくなってしまう。
さすがに全部・・・というワケにはいかないから、一番モロッコらしいカタチの
モノを選ばせてもらった。

そうっ、モロッコらしいと言えば、コレ。
mmcc2.JPG
タジン鍋。
お肉や野菜のうまみを、逃さず、ギュッと閉じ込めて調理してくれる優れモノ。

確かに・・・。
mmcc3.JPG
お魚と野菜のタジン、おいしかったなぁ。。。

最後はごはんの話しにすり替わってしまったけれど、とにもかくにも、う~ん、
モロッコに行きたいデス。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

エミレーツのCAさん [雑貨・モノ]

・・・と言っても、動いている人ではアリマセン。

コレ、
eca1.JPG
ドバイを本拠地としている、エミレーツ航空の制服を着た人形。(見にくくてスミマセン・・・)

あの、なんともエキゾチックな雰囲気の帽子とスカーフや、CAさんの必需品の
キャリーバッグも、ちゃんと付属されている。
eca2.JPG

なんとなく、欲しくなってしまいマス。

ちなみに、いつもセッセと動いているホンモノCAさんの友人は、持ってマシタ。
やっぱり・・・ね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ドバイのゴディバで・・・ [雑貨・モノ]

ドバイにもゴディバがある・・・、モチロン。
dgv1.JPG
やっぱり、結構お高いけどね。

レバノン生まれの高級チョコレート、“Patchi (パッチ)”に押され気味だけれど、
それでも、時々ステキなパッケージに出会えるから、つい足を運んでしまう。
dgv2.JPG

以前、ズラリと店頭に並んでいたのは、こんな気になるパッケージ。
dgv4.JPG
“ドバイと言えば”・・・なモノたち、ブルジュ・ハリファやパーム・ジュメイラが描か
れた、“いかにもお土産”という感じのゴディバ。
確か、パリやニューヨークにも、こんな“ご当地パッケージ”のゴディバがあった
ような。。。

ある時期、パッタリと目にしなくなったけれど、次に出会ったら、そのときは1つ
・・・かな。

dgv3.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メイド・イン・ジャパン発見 [雑貨・モノ]

以前、日本のテレビ番組で紹介されていたのは、“ドバイで見つけたメイド・イン・
ジャパン”のモノたち。
「和風総本家」というその番組を観て、ドバイのみならず、世界のアチコチにある
“メイド・イン・ジャパン”に、感心、感動したコトを覚えている。
日々の生活の中でも、インド人のタクシードライバーからは、「日本製品の質は
ナンバーワンだぜぇ!」なんてコトをよく言われるから、それはやっぱり、とても
誇らしいコトに思えるしね。

その番組を観て以降、ついつい意識するようになった“メイド・イン・ジャパン”。
どんな小さいモノでも、見つけると、「ふむふむ」・・・って、顔もニヤけるような。

さて、先日見つけたのは、ちょっと意外なモノ。
ドバイでは、初めての出会いかもしれない。
nwt2.JPG
レストランなどで出てくる、使い捨ての“おてふき”。
アラブ風のデザインが描かれた袋を見て、「また、あのキョーレツな香りの
おてふきか・・・」と思った。

そう、ここドバイで出てくる“おてふき”は、大抵、かなりキツイ香りがする。
香水大好き~なアラブ人向けに、かなりドぎつく、日本人には全く馴染みも
なければ、全く似合わなそうな、そんな香り。

ところが、袋の裏を見て、オドロイタ。
nwt1.JPG
“Made in Japan”って・・・ね。

早速おてふきを出してみると、なんとも控え目で、爽やかで、そして、なんだか
懐かしい香り。
ほのかなレモンの香りは、日本の駅弁なんかに付いている、あの“おてふき”
を思い出させる。

やっぱりイイなぁ・・・、“メイド・イン・ジャパン”。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スタバのマグカップ [雑貨・モノ]

背の高いトコロにある食器棚の、奥の、さらに奥のほうを、久しぶりに覗いて
みたら、ちょっとばかり懐かしいモノを見つけた。

スタバのマグカップ。
dsm3.JPG
それも、アラブ首長国連邦バージョン。

実はコレ、今から8年ほど前に、ドバイ空港のスタバで買ったモノ。
当時住んでいた中欧の国から、ドバイを経由して、スリランカへ行ったときに
手に入れた。
その頃は、まさか将来ドバイに住むコトになるとは思ってもいなかったから、
“もう2度と来ないであろう都市”の思い出として、つい買ってしまったというワケ。
ラクダが3頭並んだ、いかにも・・・というデザインも気に入ったしね。
dsm4.JPG

・・・ん? ラクダ?

ワタシがドバイに住み始めた頃から、スタバで“ラクダ”を見たキオクがナイなぁ
と、改めてスタバへ足を運んでみたら・・・。

dsm1.JPG
やっぱり。。。
アラブ男性が大好きなペット、“ファルコン(鷹)”のデザインに変わってた。

ちなみに、ドバイ・バージョンはコチラ。
dsm2.JPG
バスタキア地区を思わせる、アラブ伝統様式の建物。
コレはコレで素敵だけれど、インパクト的にはあと1歩・・・かな。

今となっては貴重な、ラクダ・デザインのマグカップ。
ずいぶんと昔のドバイの思い出の品、大切にしようっと。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほのぼの家族・2 [雑貨・モノ]

先週、ココでご紹介した、アラブの“ほのぼの家族”。
tsm1.JPG
とあるオモチャ屋さんで見つけた、ちょっと気になる人たち。

この家族、お店の宣伝用のキャラクターかナニかかと思っていたら、なんと、
ちゃんとした商品として売られてた。
tsm3.JPG

パパ、ママ、息子(2人)、娘の、5人家族らしい・・・デス。
tsm4.JPG

やっぱり気になる、アラブの“ほのぼの家族”。
tsm2.JPG

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

ドバイの自然派コスメ [雑貨・モノ]

知る人ぞ知る、ドバイ生まれのナチュラルコスメ。
dsf1.JPG
“Shiffa” が、ソレ。

ドバイ生まれの女性医学博士が研究し、生み出した自然派化粧品で、
イギリスで生産されているそう。
現在は、ボディ用のスクラブやオイル、フェイシャルクリームなど、基礎
化粧品のみで、商品ラインナップ数も少ない上、販売されているお店も
限られているのだけれど、今後の展開が楽しみなモノ。

少しニオイにクセがあったり(自然派ならではの強いハーブのニオイとか)、
お値段も少々お高め・・・と、そう気軽に手に取れる感じはナイけれど、
一度、店頭に並ぶサンプルを試してみるとイイかも。
ドバイ生まれの“自然派”なんて、ちょっと珍しい気もするからね。

ちなみに、半年ほど前から、空港の化粧品売り場にも並び始めた“Shiffa”。
空港の方が街中のお店よりも、10~15%ほど安かったから、欲しい人は、
旅するついでに購入するのがオススメ。

ワタシも1つくらい、手に入れてみようかな。

dsf2.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

気になる!イランのオジサンたち [雑貨・モノ]

昨日に引きつづき、イランのモノをお伝え。
ずっと気になっていた、パッケージにプリントされた色んなオジサンたちのコト。

イランで売られている商品には、ナゼか、オジサンの写真やイラストが印刷
されているコトが多くて、それは以前、イランを旅したときに出会った“気になる”
だった。
そのときに購入したイラン名物のお菓子、”ギャズ”(ヌガーのようなモノ)の箱
に印刷されていたオジサンが、コレ。
irn183.JPG
まぁ、このメーカーの創業者かナニかかなと、ソコまで気には留めていなかった
のだけれど、その後、たくさんのオジサンと出会ったから、この、パッケージに
オジサンが印刷されているというイランならではのモノが、なんだか、気になって
気になって・・・。

石鹸にだって、オジサン。
aki1.JPG
とてつもなく、寂しげ・・・。
aki2.JPG
購買意欲、半減しそうだけどね。

そして、以前、イラン在住の友人からもらったお土産には、あの知った顔。
aki3.JPGaki4.JPG
どうやら、以前ワタシが購入した“ギャズ”と、同じブランドの商品らしい。

コチラは、イランに残る遺跡の写真付きパッケージに入った、ピスタチオを使った
お菓子。
aki5.JPG
箱を裏返すと、ソコにはやっぱり、オジサンの顔。
aki6.JPG

ほかには、どんなオジサンがいるんだろう。
まだまだ気になるところだけれど、そんな“オジサン”付きのお土産を度々持って
きてくれていたテヘラン在住の友人が、先日、とうとう帰国の途についた。
これまでにいただいた、数々の珍しいイランのお土産たち、ホントにアリガトー。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 雑貨・モノ ブログトップ